2022
15
May

プラモデル

【初心者】プラモデル作り【2台目】

LAV 軽装甲機動車

LAV 軽装甲機動車


 

16式機動戦闘車を作成中、細かいパーツを塗るのにエナメル塗料が必要と言う事が分ったので、ヨドバシカメラまで買い出しに行ってきました。ついでにプラモデルコーナーを覗いてみると、同じ1/48スケールで自衛隊のLAV軽装甲機動車のプラモデルがあったので一緒に購入しました。

 

 

LAV 軽装甲機動車って?

装甲機動車、通称LAVとは陸上・航空自衛隊が配備する装甲車の事で、主に普通科部隊の移動や輸送で使用されます。非装甲のトラックや高機動車に比べ、装甲が施されているので戦地での安全性や生存性に秀で、装甲車に比べ軽量なので航空機や艦艇による輸送が容易であり、素早く戦地へ展開する事が出来る車両です。
また日常的な業務でも使用されるので、一般道や高速道路を走る姿や、コンビニやサービスエリアなどで見かける機会の多い車両です。

 

開封

パーツ一覧

説明書

説明書


 

ディは2パーツ。ほとんど車体は完成しているので、シャーシや車体に細かいパーツを取り付けるのがメインですね。
前回以上に作れる気がしてくるパーツ一覧です。
なにやら3種類から選んで作るそうです。1つはスモーク・ディスチャージャーを装備した車体で、残り2つは機関銃を装備した車体です。一番簡単そうなのを、と言う訳で1番目のスモーク・ディスチャージャー装備のLAVを作ってゆきます。
・・・ピンバイス?説明書を開いてから判りましたが、ピンバイスと言う小さなハンドドリルで穴を開ける必要があるようです・・・あとでこれも買いに行きました・・・箱の外には何も書いていないので、説明書を読んで初めて判るパターン。
1.2mmと0.8mmはプラモデルで多用するようなので、また使う機会はあるでしょう。

 

完成

完成

前面

16式機動戦闘車と共に

大きさ比較


 

心者の製作工程なんてベテランさんが言う所のパチ組と言うものなので、いきなり完成です。
パッケージを参考にそれっぽいピンクとホワイトのツートンカラーで16式とお揃い。
LAVって一般道を走っている所を見るとSUVみたいで大きいな~と思っていましたが、同一スケールの16式と並べると小さく見えますね。同じスケールで比較対象が出来たので並べてみて16式の大きさを実感。プラモデル作らなきゃ一生知らなかったところです。

 

作り終えて

最後に


 

ラス窓の接着がいま一つ上手くいかず、圧したりしている間にクリアパーツに汚れが・・・水を付けた綿棒で拭いてみましたが中々落ちません。ガラス窓が拭きムラっぽい事になっているのは、水で拭いたせいです。クリアパーツは車体側の面に塗装をしているので、塗装後に接着ではなく接着後に塗装の方が綺麗に嵌められた気がします。ピンセットで突っついてるうちに、ちょっと塗装剥がれてしましましたし。
タイヤも塗装後に切り離して組付けたのですが、パーツ同士の合わせ目がハッキリと判るので、組付けてから塗装した方が良かったかもしれません。
後は、アンテナを塗装後に不注意で折ってしまい、瞬間接着剤で取り付けたのでちょっと残念な事に・・・こういった細かいパーツの取り扱いはどうすれば良いんでしょうか?

明書通りに組み立てるって意外と難しいんですね。いつかはパチ組ではなく創意工夫をしてプラモデルを作ってみたい所ですが、今は説明書通りに綺麗に組み立てるそれが目標ですね。細かいパーツを折らない様に気をつけないと。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA