2021
17
Feb

富士山, 日中景色

東久留米駅から富士山を撮る

駅から徒歩0分の勝景地

西武鉄道池袋駅から準急で約23分で辿り着く東京のベッドタウン東久留米駅。
東久留米駅西口駅舎に隣接するように造られた「富士見テラス」から朝焼けに染まる富士山を写して来ました。
東久留米駅の改札口は1ヵ所のみで、改札を出て右方向へ進むと地上へ降りるエレベーターの横に富士見テラスへの入口が有るので迷う事は無い筈です。
駅前ロータリーから真っ直ぐに伸びる市道「まろにえ富士見通り」の先に見える富士山は東京からの富士山とは思えない程に大きく綺麗に見えとても綺麗でした。

 

関東の富士見百選

富士見テラスは関東の富士見百選に認定され駅直結な場所だけあり、ダイヤモンド富士の時期には多くの人が訪れる様ですが、道路越しに富士山を撮れるアングルは精々10人程度と広いものでは無いので場所取りは中々に熾烈そうです。

メジャーな撮影ポイントと言う事や駅直結と言う事で普段でも夕方は厳しいかな?と思ったので始発で出掛けて朝焼けを撮影しましたが、赤く染まる朝焼けの富士山も良いものですね。夕暮れであれば遠方のライブカメラで気象状態を確認してから撮影に向えるので到着してから富士山が雲隠れする事は中々に無いのですが、朝方は真っ暗なうちに出掛けるので、気象情報だけが頼りです。実は1度目は、富士山がほぼ雲隠れしてしまい空振りに終わってしまったので2度目で雲一つない富士山に巡り合うことが出来ました。始発は眠いですね・・・

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA