2020
13
Sep

夜景

RX-78GUNDAMライトアップを撮る

RX-78-2GUNDAMを撮る

日本のロボットアニメを代表しアニメは見た事無くとも名前は知っていると言う人も多いであろう「機動戦士ガンダム」。ガンダム作品は数多くのシリーズが生み出され2020年には誕生40周年を迎えますが、その初代作品に登場したRX-78-2GUNDAMを1/1スケールで立体化したものが2012~2017までダイバーシティ東京にて展示されていました。そんなお台場の名物として多くの観光客に親しまれたガンダムのライトアップを写してきた時の画像を載せてみたいと思います。

 

なんで2020年も佳境に入ったこの時期に3年以上も前に消え去ったものを?とお思いでしょうが、お気になさらずガンダムのメカニカルなカッコよさを見て頂ければと思います。撮影した時期はLightroomのデータによると2016年の初旬と言う事で、展示から4年が過ぎ、すっかりお台場の風景へと溶け込み、外観も雨風に曝され良い感じにリアル感が出て来て個人的にはテンションMAX MAXアゲでした。

 

1/1スケールのガンプラ!?

お台場に展示されていたガンダム、正式には「RG1/1 RX78-2ガンダム Ver.GFT」と言って「本物である事」を追求したガンプラRG(リアルグレード)シリーズの1/1スケールと言う位置づけのようです。
あくまでも1/1スケール、いつか本物を造るぞ!と言うバンダイの心意気が感じられてワクワクしますね。因みに千葉工大スカイツリーキャンパスには1/1サイズのVF-25バルキリーが展示されていて、こちらも何時かは本物を造るぞ!と言う事だそうです。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA